ブログ

ブログ一覧

できることをやる

まず、できることをやること。

そして、できないことはやらないこと、あきらめること。

これがすごく大事で、わかっているのとわかっていないのとでは、人生の質が大きく変わる。

多くの人ができないことにエネルギーを注ぎ、できることを後回しにする。

簡単なようでなかなかできないかもしれないが、そういうことがあるのだと知っておくことが重要。

自分の行動をしっかり観察してほしい。

同じといえば同じ 違うといえば違う

洗濯をして乾かすとする。

外に干して乾かすのと乾燥機で乾かすのとでは、乾くという観点からみると同じだが、外で干せば太陽光や風が当たり、乾燥機はそれがないので違う。

お店で食べるラーメンとカップラーメンは同じだが、違う。

寿司屋で食べるお寿司と回転ずしで食べるお寿司は同じお寿司だが、違う。

ここら辺の違いを感じるのは、感性やセンスになるだろう。

生きるために食べるのか、食べるために生きるのか

食べるという行為がありますが、生きるために食べるのか、食べるために生きるのか、考えたことは?

よく、食べるのが唯一の楽しみ、お酒が唯一の楽しみなどということを耳にする。

だから止められないというのだが、そんなことが本当に唯一の楽しみなら、何かが失われている。

人生に、大切な何かが抜け落ちているようにしかみえない。

その失われたものが、この歌声に入っている。

この感動はどこから来るのか。

その源を探求してみよう。

2021年5月1日 | カテゴリー : 独り言 | 投稿者 : taka

白昼夢

白昼夢(はくちゅうむ)を調べると、日中、目覚めている状態で、現実で起きているかのような空想や想像を夢のように映像として見る非現実的な体験、または、そのような非現実的な幻想にふけっている状態を表す言葉。願望を空想する例が多い、と書いてある。

みなさん、心当たりは?

多くの人が、行動しているのに空想や思考を意識している。

現実で起きているかのような空想、そして、その空想は願望の場合が多いという。

恐ろしいのは、不安や恐怖は想像や空想から生まれるが、それは不安や恐怖を求める願望ということになる。

知らない間に不安や恐怖を求めているって、それこそ怖い。

あなたが拒否しようとも、それが現実であり、事実だ。

自分を殺す

自分の好きなように生きる

自分のやりたいようにやる

自分のカンに任せる

このような生き方、考え方があります。

これはこれで素晴らしい経験ができますが、それだけだと自分の好みだけになり、相当狭い生き方、考え方になります。

ときに自分を殺し、天、霊、深い意識に基準を合わせる。

自分がどう考えて、どう判断するかではなく、大いなるものに任せる。

これは味噌や醤油、日本酒造りにも共通している。

麹や菌に任せる。

自分たちは環境を作るだけで、造っているのではない。

どこまで行っても味噌や醤油を造るのは麹や菌だ。

自分たちの人生は自分が作っていると思い込んでいるが、そうではない。

自分勝手に判断するのではなく、自分を殺し、大いなるものに身を委ねてみようではないか。