ブログ

ブログ一覧

己の未熟さ

なんだかんだ言っても、結局まだまだ修行が身になっていない。

どれだけ修行を重ねても、身になっていなければ何にもならない。

自分の未熟さが歯痒いが、これもまた学びだ。

言葉というのも、なかなか扱いが難しくて手を焼いている。

心と言葉は一体なので、やっぱりまだまだ未熟者。

猛省なり。

2021年12月4日 | カテゴリー : 独り言 | 投稿者 : taka

なぜ行をするのか

なぜ行やエネルギーワークを行うのか。

私の場合は本当の自分を生き切れるようになるため。

自分が持っているものを、すべてを発揮して生きてみたい。

そうなると、一体どんな人生になるのだろうか興味が尽きない。

過去、本当の自分を生きれず苦しんだ経験があり、本当の自分を生きないと苦しいというのはわかった。

今でもすべてを発揮して生きれていないが、それでも昔に比べたら嘘のように楽に生きれている。

もし、自分の内なる光を発揮できたら・・・

考えただけでワクワクする。

ぜひ自分を極めたい。

2021年12月1日 | カテゴリー : 独り言 | 投稿者 : taka

物と丁寧に接する

物と接するときは丁寧に接するように心がけている。

物と丁寧に接することができないとき、それは心が荒んでいるときだ。

イライラして物に当たるような生き方はつまらない。

パワーストーンブレスレットやネックレスとも丁寧に接している。

神棚やアルター(祭壇)とも丁寧に接している。

一時が万事。

先日書いた人は食なりもそうだが、一つがすべてに繋がっている。

行を重ねていくごとに世界が変わる

これは私の体験ですが、行を重ねていくと、見える世界、感じる世界が変わっていく。

日々が修行ならば、日々を重ねるごとに世界が変わっていく。

自分を変えたければ、行を重ることだと気づきを得た。

そこに生き様自体が行になる。

この身体に宿っている限り、高められるだけ高めていこう。

2021年11月27日 | カテゴリー : 独り言 | 投稿者 : taka

食は人なり

「食は人なり」という言葉がある。

これはシンプルに、食生活を見れば、その人がどんな人かわかるということ。

何を食べ、何を飲み、そしてどのくらい飲食をするかは、スピリチュアルな生活で使われるエネルギーの質と量に影響を与える。

これは間違いがない。

タバコを吸っていたら、スピリチュアルなエネルギーにどんな影響があるのか。

お酒を飲んでいて、スピリチュアルなエネルギーにどんな影響を与えるのか。

食べたいものを好きなだけ食べて、スピリチュアルなエネルギーにどんな影響があるのか。

そのようなことを考えたことはありますか?

スピリチュアルの道を歩むなら、一度真剣に考えてみる必要があるかもしれない。

人生という道が終わるときに、何を達成しようとしているのでしょうか。

たくさんの人の思いが届いていた

先日の歩く行のとき、たくさんの人の思いが届いて、本当にありがたかった。

普段からみなさんとは繋がっているが、違った環境にいると、尚更繋がりが深まる感覚がある。

行は自分を高めるためにおこなうが、結果的に繋がりあるみなさんにも影響がある。

だからこそ、最後まで歩くことができた。

私1人がおこなった行のように見えるが、実は私に思いを向けていたみなさんも参加していたのと同じ。

そのエネルギーは、すでに伝わっている。

2021年11月24日 | カテゴリー : 独り言 | 投稿者 : taka

自分を途切らせない

毎日の修行の中で、一番意識しているのが、自分を途切らせないことだ。

途切れた瞬間、「今」から自分がいなくなる。

途切れないように注意深く、がさつにならないように丁寧に自分を繋いでいく。

世の中は自分と自分の繋がりを断絶させるような誘惑が多い。

そこをどれだけ途切らせないでいられるか。

注意が散漫にならないように意識している。

行を終えて

この5日間での行を達成。

陰と陽をしっかり味わった。

日々、行はおこなっているが、特別におこなった行は、いろんな意味で格別だ。

貴重な経験をさせていただいた。

感謝。

2021年11月22日 | カテゴリー : 独り言 | 投稿者 : taka

たくさんの思いが届いている

私のところに多くの人の思念が届いている。

きっとコロナの問題で、来たかったり相談をしたくても、できない人がたくさんいるんだろうな。

結構モヤモヤしてる人、多いね。

そろそろ行動もしやすくなってきているようなので、タイミングが合えばお越しくださいね。

2021年11月15日 | カテゴリー : 独り言 | 投稿者 : taka

17日からの行について

サイレントの行を変えて、天から受けた東国三社行脚の行にした。

サイレントリトリートはどこかに籠り、誰にも合わず、一言も声を出さないでエネルギーを内側に溜める行。

今回は一日中歩く行だから、真逆の行になる。

私の住んでいるところから鹿島神宮は、横浜駅に行くより遠いので、慎重かつじっくり歩いてみたい。

例えば江戸時代の人たちは、参拝するのにどれだけ歩いたことか。

今のようにパーッと行って、パーッと帰ってくるわけにはいかない。

伊勢神宮を参拝した後に東国三社を参拝するなど、いったいどれだけの時間がかかったのか。

そういうことにも思いを馳せながら歩こうと思う。

2021年11月14日 | カテゴリー : 独り言 | 投稿者 : taka