ブログ

ブログ一覧

人生あっという間

私の感覚では、どんどん時間の進むスピードが上がっている。

今日一日も、あっという間に終わっている。

今日一日があっという間に終わっているということは、人生があっという間に終わるということだ。

できることをやろう。

人に感謝しよう。

自分を生きよう。

2021年9月20日 | カテゴリー : 独り言 | 投稿者 : taka

晴天に幸福感

穏やかで暖かな晴天の下、歩いているだけで幸せを感じる。

生きていると厳しさと穏やかさを味わうが、それがこういう実感に繋がっていると思うと、日常で起きていることを疎かにできない。

2021年9月19日 | カテゴリー : 独り言 | 投稿者 : taka

不要なものはない

この世に不要なものはない。

この世にあるものは、すべて人間に必要なものだ。

だけど、人はそれを損得や好き嫌いで選り好みをする。

それは、相当狭い世界で生きていることを意味している。

自分を生きると言えば格好はいいが、その自分が何かを知らなければ、ただ好き勝手に生きているだけで、自分を生きようがない。

自分の身に起きていることを素直に受け入れることができなければ、おそらく自分が何者なのかも知ることはないだろう。

2021年9月15日 | カテゴリー : 独り言 | 投稿者 : taka

一生懸命生きている

できるだけ、一生懸命生きることを意識するようにしている。

そのとき限りの瞬間を大事にして生きているつもりだ。

その生き方が良いか悪いかわからないが、自分にとっては心地よい。

これは性分か天命なのだろう。

それを、、全うして生きていきたい。

2021年9月14日 | カテゴリー : 独り言 | 投稿者 : taka

サイレントリトリートを経験して感じたこと

過去に3回サイレントリトリートをやっている。

最長9日間、やってみたことがある。

サイレントリトリートを経験して、制限があればあるほど自由を感じたことには驚いた。

声を出してはいけない、人がいる場合は人と目を合わせてはいけない、ネット、お風呂、動物性の食事はNGなど様々な制約がある。

できることは限られる。

息をすること、座ること、食べること、休むこと、寝ることのみ。

最初のうちはいろいろ考えるが、考えても何もできないのでやがて考えなくなる。

生きることがシンプルになり、心が軽くなることで自由を感じる。

このことは、普段の生活もサイレントリトリートもはあまり変わらないことにも気づいた。

結局、本質は一つだった。

腐らないものは食べない

ただただシンプルに、腐らないものは食べたくない。

バクテリアさえ発生しないような食品を人間の身体が消化できるはずもなく、また虫さえよりつかないようなものをなぜ食べなくてはいけないのか、さっぱりわからず。

アイスのような賞味期限のないようなものも食べたくない。

そもそもアイスが何からできているのか、考えただけでぞっとする。

激安食品も粗悪なものでできているし、ラベルにいろいろ書いてあるような食品も避けている。

2021年9月11日 | カテゴリー : 健康 | 投稿者 : taka

イライラを持続させないように

イライラを持続させると身体にも良くない!

イライラは誰のせいでもなく、自分の価値観や思い癖で作っている。

そして、そこに執着することでイライラが続くことになる。

一日しっかり生きてみると、そんなにイライラすることは起きていないことがわかるはず。

2021年9月9日 | カテゴリー : 独り言 | 投稿者 : taka

癒し

心と体を癒す。

ゆったりとした瞑想気分で、心地よい音楽、心地よい香り、心地よい飲みものや食べものとゆっくり過ごす。

昨日のことも明日のことも手放し、ただ寛ぐ。

心配ごとがあるならそれを手放し、体調不良があるならそれを手放す。

人間は問題を解決するために存在しているわけではないので、手放してしまおう。

2021年9月6日 | カテゴリー : 独り言 | 投稿者 : taka

気を抜かない

気を入れるということはわからなくても、気を抜くことは体感としてわかるのではないだろうか。

気を抜いたら何も起きない。

何も起きないということは何も得るものは無いということだ。

ただただ時間だけが過ぎていくだけになる。

力む必要は無い。

ただ気を抜かないように注意深く生きることが大事だ。

外食は命がけ

世の中では、便利で安い外食は重宝しているようだが、はっきり言って便利と安さと引き換えに命を削っている。

安かろう悪かろうとはよく言ったもので、信じられないかもしれないが、激安の外食で口に入れるものはほとんどが猛毒と言っても過言ではない。

外食が安全だと思っている人は、余程気を使って安全なものを口に入れているか無知かのどちらかだ。

商売をしている会社は当然だが自分たちの利便性と利益のみ追求しているので、消費者の健康など考えてもいない。

考えてるとしたら、安く安定した見た目の良い商品の提供。

消費者も自分の身は自分で守る程度の意識は持っていないと、先が見えている。

いまだに塩と高血圧が関係していると思い込んでいるような意識では、不健康まっしぐら。

夏に限らず、天然塩は身体が求める限り、しっかり摂らなければ健康を害してしまう。

減塩など全く必要がない。

必要がないどころか、身体の機能を弱めてしまう。

これだけ減塩商品が溢れているのに高血圧の人が増えている事実を鑑みれば、自ずとわかることだが、思い込んでいて事実に気づかないようだ。

日本人は寿命が長いと喜んでいるようだが、健康寿命は短く、人生の後半10年余りは病気を抱え病院通いをしながら生きている。

私はそんな人生まっぴらごめん。

しっかり見極めながら生きていくと決めている。

2021年8月31日 | カテゴリー : 健康 | 投稿者 : taka