観念と現実

眠ったままの世界とは、今現在この世に生きている大勢の人がいる世界です。

例えば、Aさん、Bさん、Cさんの三人がいます。

BさんはAさんのことを「あの人、短気だから嫌い」と言い、CさんはAさんのことを「そんなことないよ、優しい人だよ」と言ったとします。

よくあることですね。

AさんはBさんにとって嫌な人でCさんにとっては良い人。

一体どっちなんだと思いますが、そういう曖昧さを眠った世界と言いますが、多くの人がその世界で生きています。

観念や思い込み、いわゆる自分好みの世界です。

現実を生きていると言うけど、誰も現実を生きていない。

眠りから目覚めている人が一人でも多くなるといいなと思います。

2017年12月27日 | カテゴリー : 独り言 | 投稿者 : taka