心に余裕を

朝、来るときに日差しがあまりに気持ち良かったので、低い柵に腰を掛けゆっくりしていました。

その時に、

「心に余裕を持つように」

というメッセージが届きました。

ここ最近、日本全体のエネルギーは災害や経済的なことから余裕をなくしているようです。

調子が良い時は誰でも余裕を持てるもの。

こういうときこそ、心に余裕が必要です。

あなたの心の余裕が波紋のように広がり、あらゆる人に影響を与えるでしょう。

心臓の鼓動をゆっくりする余裕が、今こそ必要なのではないでしょうか。

行や瞑想

行や瞑想をやり込んでいる人は、対人関係、感情や思考、好みなど、いろいろな面で変化が起きます。

私は対人関係と感情面で表れました。

感情は強くなって、喜怒哀楽をより味わえるようになりましたが、それが爆発するとか人に当たり散らすとかそういう風にはなりません。

ただ、表現はします。

対人関係は、何かのタイミングで変わってきましたが、今もまた変わってきています。

特にプライベートでは、著しく変わってきています。

良いとか悪いとかそういうことではなく、変化というものを純粋に味わっています。

ちなみに行や瞑想をやり込んでいるいる人は、やっていない人とエネルギーが相当違います。

不老不死

不老不死なんていうと、夢物語か都市伝説かぐらいにしか認識されていなくて、他にはせいぜい鼻で笑われるかぐらいなものですが、それを本気で目指した人たちが昔からいます。

そして、それを実現した人たちがいます。

不老不死を実現した人たちと私たちとの大きな違いは死に関してです。

私たちにとって死は突然来るものですが、不老不死の人たちは死は選ぶものと言われております。

選ぶものと言っても、自殺という意味とはまた違います。

不老不死ならずっとこの世で生きていればいいと思うかもしれませんが、あなたなら時空に縛られた世界にずっといたいと思います?

私は、思いません。

もっと自由な次元に移動します。

それを強制的にさせられるか自分で動くかの違いです。

私は本気でそれを選びたいと思うし、選べるように日々行を積んでいます。

サグラダファミリアのように、未来に託す生き様も味があって面白いのではないでしょうか。

ホワイトセージ

今回行ったセドナとシャスタでは、両方でセレモニーを受けさせていただきましたが、特別なセレモニーでとても感動しました。

セドナで受けたカカオハートセレモニーでは、全身を浄化するのにホワイトセージを使っていました。

実際に受けて感じたのは、ホワイトセージの浄化の効果です。

ネイティブアメリカンと言えば、ホワイトセージとたばこの葉のイメージがあります。

浄化はホワイトセージですね。

あまり細かい物の販売は控えようと思っていましたが、良いものも手に入りましたしホワイトセージは置くことにしました。

あきらめることも大事

毎日生活をしていると、いろいろなことが起きます。

その多くが自分の意志では、どうしようもないことばかりです。

寝たいのに眠れないときがありますし、食べないでいたいのに食べてしまうこともあります。

呼吸をしたくなくてもしなきゃいけないし、地球に依存しなければ存在することさえできません。

身体の中の整理的なものや神経系なども意志の力ではどうにもなりませんし、知らない間に好きになってしまったり、嫌いになってしまったりもします。

選択できることもありますが、すごく限られていますね。

それならあきらめることも大事です。

眠れないなら無理に寝ようとせず、あきらめましょう。

次の日、すごく眠いかもしれませんが、それも経験です。

深刻な問題ではありません。

自暴自棄になってもいけません。

この世での借り物である身体は丁寧に大切に扱いましょう。

人生は旅です。

この世にいる間だけの旅になります。

旅ならいろいろなところに行き、いろいろな経験をした方が楽しいですよね。

なんでも思い通りにしようと執着せず、あきらめて自由になりましょう。

私たちは目に見えない多くのことにコントロールされています。

抵抗せず、偉大な力に任せた方が楽しいし楽ですよ。

基準を持つ

自分の中で、いろいろな基準を持ちましょう。

例えば、食事の基準。

その基準はテレビやネットの情報ではなく、自分の体の具合や調子などを観察しながら決めていきます。

1日3食の盲目信仰は手放してください。

そして、自分が今、口にしている物に疑問を持ちましょう。

便利たがら楽だからと食べるものを選んでいいのでしょうか。

一向に病気になる人の数が減らないことを真剣に考えるタイミングです。

自分の体だから好きなようにしたい、と言う人がいます。

一見、一理あるように見えますが、結果的に好きなものを好きなだけ食べて病気になり、人に迷惑をかけます。

食事だけではありません。

考え方、個性、呼吸、姿勢など、あらゆる基準を持ち、自分と真剣に向き合いましょう。

明日向き合うのではなく、今です。

他人のことより、自分を気にしてください。

ニュースのことより、自分を気にしてください。

“わかる”という現象

自分の中では今までの霊感とは違う、“わかる”という感覚が出てきています。
集中していなくても何かを考えているときでも、この感覚が出てきます。
最近カウンセリングにお越しいただいている方のうち何名かは、この現象の片鱗を体験しています。
この“わかる”感覚が出ると、すぐ行動に移ります。
行動するというより、行動してしまうという感じになります。
行動する以外の選択肢はありません。
この感覚の出どころは、今まで意識していないところが源になっているようで、自分の身に何が起きているのかわかりません。
今まで積んできた行の効果なのかわかりませんが、すごく面白い。
なんだか、とてもワクワクします。
この現象が起き始めてからやったワークショップは、それまでとは一味違うものになっています。
良くなったとか悪くなったということではなく、今までと違うということです。
それを単純に楽しみました。
これまでも何度か変化はありましたが、何となくこれまでとは違う変化に感じます。
あくまで私事なので、あまり大っぴらに言うことではないかもしれませんが、これも共有することで誰かの意識が変わるかもしれないという“わかる”現象の表れなので、広い心で受け止めてください。

成仏していない霊

一般的に霊というと結構怖いイメージがあると思いますが、実際怖い霊はいるのでしょうか。

怖い霊というと成仏できていない霊になりますが、そういう霊は確かにいます。

この世に強烈な執着を残したまま亡くなったり、亡くなったことに気づかずにいると成仏できない場合があります。

亡くなったことに気づいていない霊は怖くないし、人に悪影響を及ぼすこともないので気にしなくて大丈夫です。

問題は強い執着を持ったまま亡くなった霊、いわゆる地縛霊ですが、実際そこまでの霊はあまりいません。

また、人が普通の状態でそういう霊に遭遇して、強い影響を受けることは、まずないと思います。

逆に強い自殺願望や執着心を持っていると波長が合い、影響を受けます。

地縛霊の特徴は、その場から動かないということです。

土地に縛られていると表現されていますが、実際は土地ではなくその場です。

この世的には空間と言っても良いかもしれません。

なので、その場に行かない限り影響を受けることはなく、また行ってしまったとしてもちょっといたぐらいなら深刻な問題ありません。

もちろん、数週間、何ヵ月もいれば影響を受けます。

とはいっても、もし嫌な感じがしたら、できるだけ早くその場を離れることをおすすめします。