平和で穏やか

年末に行ったワークショップで2018年はどんな年になるかお伝えしましたが、私の身の周りでもいろいろなことが起き変化しています。

その時はバタバタしても、結果的にとても平和で穏やかです。

きっとみなさんの周りでもいろいろなことが起き、ときに振り回されたり、ときに慌ただしくなってみたりすると思いますが、結果的に落ち着きますので心配しないでくださいね。

すべては収まるところに収まります。

必要なものは身近にあり、不要なものは離れていきます。

私たちには計り知れない、とても大きな力が働いております。

自分の周りで何が起きようと、くつろいで観照しながら過ごしてください。

2018年3月26日 | カテゴリー : 独り言 | 投稿者 : taka

違う世界を見てみたい

“違う世界を見てみたい”

これは私がスピリチュアルの道に入るときの思いであり、この道を極めたいと感じた時の思いです。

いつも何か物足りない、何か満たされない、何か違う、理不尽で不公平に見えるこの世の中は一体何なのかと感じていました。

それが知りたくて知りたくて知りたくて知りたくて、この道に入りました。

この山を登れば、違う世界が見えるはず。

どうにかこうにか手探りでかき分けながら登ったものです。

そしてある山を登り切った時、今までと全く違った景色が見えました。

と同時に、また別の高い山がそびえ立っている見えたのです。

喜びと驚愕が入り混じった複雑な心境でしたが、それがこの世のありがたみなのだということも知りました。

私の元へは悩みを解決したい方もたくさん来ていただいてますが、覚醒やサトリを実現したい方や霊能力を開花させたい方もたくさん来ていただいております。

その人たちの「なんとかして自分を変えたい」「人生を変えたい」という気持ちが痛いほどわかります。

中には毎週来て一緒に瞑想をしたり霊視の練習をしたりする猛者もいれば、毎回ワークショップに参加する猛者もいます。

頭が下がる思いですが、私には私の元へ来る人たちの期待に応える責任があるので、全力で向き合います。

私はずっと一人で探求してきました。

いくら霊とコミュニケーションがとれると言ったって、いつでもどこでも毎日アドバイスをくれるわけではありませんので、心細い時もありました。

教えを請うたりできる人がいれば、もっと早かったし楽だったかもしれません。

でも、それで良かったのです。

すべてがぴったりでした。

私は、私のところへ来てくれる人たちを仲間だと思っています。

今の私には仲間がいます。

私の経験や実感、実体験があれば、みなさんはもっと早くもっと確実に道を歩むことができます。

「仲間たちと様々な境地、違う世界を分かち合いたい」

これが今の私の思いです。

2018年2月27日 | カテゴリー : 独り言 | 投稿者 : taka

人生の終わりを迎えるとき、何を考えると思いますか

私たちは必ず霊界に戻るときが訪れます。

その時に、私たちは何を考えると思いますか。

これは、真剣に考えてください。

死を忌み嫌うのではなく、しっかり向き合うのです。

なぜなら、人生が終わるときに考えることこそ、その人生で本当に大事なことだからです。

太るとか痩せるとかを考えるでしょうか。

お金の心配をするでしょうか。

自分の顔や服を気にするでしょうか。

もし死ぬ間際に気にしないなら、それは些細なことかもしれません。

電車に乗ると、誰もが死んだように俯いてスマホをみています。

子供は電車に乗っていることを楽しんでいます。

目を開いて生きましょう。

経験はとても大切です。

2018年2月25日 | カテゴリー : 独り言 | 投稿者 : taka

やることやったら、あとは待つだけ

霊たちは、いつも言います。

「待ちなさい」と。

自分ができることを丁寧にしっかりやったならば、あとはただ待つだけです。

やったならば、起きることは起きるときに起こります。

起きないこと、起きないときは何をどうしても起きません。

あきらめましょう。

変に執着はしないこと。

余計遠まわりになります。

たくさんやればいいというものでもありません。

大事なのは質です。

正しくやること。

だけど、やらなければ何も起きません。

今までの人生のままです。

執着は本当にいりません。

一番手放すべきですね。

私もこの仕事にも能力にも執着していません。

人が来なくなれば役目が終わったということで、他のことをやるだけです。

ワークショップに人が来なくなったら、やらないだけです。

それを、言葉巧みにごまかしながらやって、一人でも多く呼ぶとか続けるとか、そういうのはないですね。

そういうの見かけますけど、みっともないだけです。

結果的に続きませんしね、そういうのは。

霊能力は、あげれるなら欲しい人にあげますよ。笑

あればあったで良いけど、無ければ無いでそれでいいです。

やることやれば、あとはゆっくり待ちましょう。

やがて夜が明けます。

2018年2月15日 | カテゴリー : 独り言 | 投稿者 : taka

何をどのくらい食べるか

スピリチュアルの道を歩む人には、食事を重要なものと考える必要があります。

それは何をどのくらい食べるかが、スピリチュアルの生活で使われるエネルギーに影響を与えるからです。

身体を大切にすることが、健康で豊かな日々の暮らしに必要です。

悟りや覚醒を目指している人は、太陽のエネルギーを得た生きた食べ物を少量食べるといいですね。

強いお酒やコーヒーは透き通った水に泥を入れるようなもの。

身体を過剰に刺激するので、健康増進や自己探求している人は見直すことを勧めます。

2018年2月6日 | カテゴリー : 独り言 | 投稿者 : taka

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。

今年も精進して参りますので、よろしくお願い致します。

今年もみなさんにとって、すばらしい年になりますように!

2018年1月3日 | カテゴリー : 独り言 | 投稿者 : taka

観念と現実

眠ったままの世界とは、今現在この世に生きている大勢の人がいる世界です。

例えば、Aさん、Bさん、Cさんの三人がいます。

BさんはAさんのことを「あの人、短気だから嫌い」と言い、CさんはAさんのことを「そんなことないよ、優しい人だよ」と言ったとします。

よくあることですね。

AさんはBさんにとって嫌な人でCさんにとっては良い人。

一体どっちなんだと思いますが、そういう曖昧さを眠った世界と言いますが、多くの人がその世界で生きています。

観念や思い込み、いわゆる自分好みの世界です。

現実を生きていると言うけど、誰も現実を生きていない。

眠りから目覚めている人が一人でも多くなるといいなと思います。

2017年12月27日 | カテゴリー : 独り言 | 投稿者 : taka

見守ること

油断なく見守ること。

ある覚者は、それが瞑想だと言います。
まず肉体に注意すること。
抜かりなく動作を見守ること。
しっかり見守り続けるにつれて、いろいろなことが起きてきます。
そうしたら、思考や想念に注意すること。
抜かりなく思考を見守ることで、驚くことがあるかもしれません。
もしそうだとしても、受け流して見守ります。
そして、感情や感覚に注意すること。
この3つを注意深く見守ることを忘れない。
見守り続けることが大切です。
見守り続けると変容が起こります。
どんな変容なのか、探求してみてください。
2017年11月25日 | カテゴリー : 独り言 | 投稿者 : taka

恐怖心

自分の人生、そしてみなさんの人生をみていて、ネガティビティの根本的原因は恐怖心だと知った。

この恐怖心はとても強力で、どうすることもできない。

恐怖心は思考や怒り、プライドや見栄などのエゴと連動していて自己防衛機能が働きますので、一度恐怖心が芽生えると思考もエゴも止まることがなくなる。

自己摩擦も人とのトラブルも何かに対して不平不満を言うのも誰かを誹謗中傷するのも、すべて恐怖心が原因になる。

私もこの恐怖心を十分に経験している。

この恐怖心は、なくすことができない。

表面的な意識では、到底太刀打ちできない代物。

できることは、ひたすら受け入れたあと自分の弱さもちゃんと受け入れ、誰かに話を聞いてもらうこと。

自分の弱さをさらけ出そう。

ありのまま。

そういう時は、必ず聞いてくれる人が周りにいるもの。

親切な人をたくさん見てきた。

たくさん涙を流し、もし自分に至らないところがあると感じたら、たくさん反省すればいい。

私もそうしている。

中には、取り返しのつかないこともある。

そこは猛省し、悔い改めること。

同じことを繰り返さない、それ以外にできることはない。

そして前を向こう。

必ず誰かが助けてくれる。

そしてあなたが慰められたように、いつの日かあなたが誰かを慰め助けるときがくる。

そのときは、誰かが受け止めてくれたように、すべてを受け止めよう。

あなたの前にいる人は、あなたと縁のある方。

その縁を大切にして、後悔のないように。

私のような愚者は反省ばかりだ。

2017年11月1日 | カテゴリー : 独り言 | 投稿者 : taka

得るものも失うものも何もなかった

得るものは何もなかった。

人から与えられるものも何もなかった。

なぜなら、最初からここにあったのだから。

失うものはなかった。

人に奪われるものも何もなかった。

すべてはここにあるのだから。

私のここにあるものは、あなたのそこにある。

私の元へ人が訪れ去っていくが、何も変わらない。

得るものもなく、失うものもなく、移り行く世界があっても何も変わらないなら、何を怖れることがあるだろうか。

2017年10月31日 | カテゴリー : 独り言 | 投稿者 : taka